入居資格・費用・料金

入居資格

  • 年齢60歳以上(夫婦はどちらかが60歳以上)で、自炊ができない程度の身体機能の低下等が認められ、又は高齢等のため独立して生活するには不安が認められる方で、日常生活において介護を必要としない方。
  • 伝染病疾患及び精神病疾患を有せずかつ問題行動を伴わない方で、共同生活に適応できる方。
  • 各種サービスを利用することにより、自立した日常生活が送れる方。
  • 生活費に充てることができる所得があり、所定の利用料が負担できる方。
  • 確実な保証能力を有する身元保証人1名を立てられる方。

利用料

利用者の年間収入(前年分)より必要経費を控除した額を対象年間収入とし、階層別に利用料が決定されます。また、入居一時金選択制度を設けております。

入居一時金選択制度とは
入居者が毎月支払う利用料は、管理費(=家賃)と生活費(=食費)、事務費(=人件費)の合計からなります。当施設では、20年分の管理費の一部を入居時に一時金(100万円~500万円の5段階の選択制)としてお預りし、残りを毎月お支払い頂くことにしております。
対象年間収入とは
前年の年間収入から社会保険料・医療費・租税等の必要経費を控除した後の金額をいいます。
  • ※一時金は20年間の月割りで償却させていただき、20年未満で何らかの事由によりご退去またはご逝去された場合は、在居期間に応じて返還いたします。
  • ※生活費には食事代が含まれます。
  • ※事務費および生活費につきましては、平成17年4月現在の国基準となっております。改正に伴いまして変更がありますのでご了承ください。

利用料金以外にかかる費用

  1. 11月~翌年3月まで:共有部分の暖房費(6,630円/月)
  2. お部屋の水光熱費
  3. 洗濯機使用料(100円/回)
  4. 入浴日以外のシャワー使用料(100円/回)
  5. 駐車料金(15,000円/月、契約者のみ)
  6. 電話、インターネット、有料テレビ(それぞれの契約者との直接契約・支払い)

入居までの手順

【1】見学・説明

  • 施設見学
  • 申込書類等、入居までの手順説明

【2】申込書類提出

<同封書類>

<各自でご用意していただくもの>

  • 健康診断書
    • 病院及び書式の指定はありませんが、6ヶ月以内の診断書に限ります。
  • 年間収入(前年分)確認書類
    • 「所得税の確定申告書」の写しを提出してください。ない場合は「所得の源泉徴収票」「年金振込通知書」「年金証書」の写し等、年間収入が確認できる書類及び租税(国民健康保険税、固定資産税)、医療費、社会保険料の領収書の写し等、必要経費が確認できる書類を提出してください。
    • 縁故者等が利用料の一部または全部を負担する場合、その負担者分の同様の書類を提出してください。
  • 現在の住民票
    • 3ヶ月以内に発行されたものに限ります。

【3】面接

  • 申込書類を確認し、日程調整後ご連絡します。
  • 身元保証人の同席をお願いします。

【4】入居審査

  • 申込書類、面接の結果を通して入居審査を行います。

【5】審査結果報告

  • 空室がある場合は、契約・入居となります。空室がない場合は、待機者となります。
  • 待機期間が長期になった場合は、再審査を行うことがあります。

【6】契約・入居

  • 入居契約書の取り交わし
  • 入居日確認
  • その他手続きの説明

ケアハウス知足荘にて、安全・安心・快適な生活をお過ごしください。